写真たっぷり!ブリスベン空港の施設を紹介!免税店・ロッカー・シャワーの場所

ブリスベン空港

ブリスベン空港 を散策してきました。

朝の8時という早朝に到着したものの用事は夜の18時、ホテルのチェックインは14時から。

まっすぐ市内に向かうよりも、せっかくだからブリスベン空港を散歩がてらに散策して、これからブリスベン空港の利用を考えている方に役立つ情報が得られたらなと思ったのがきっかけです。

今回は、国内線利用でしたが、国際線ターミナルまで足を伸ばしてきました。

国際線の保安検査通過後のエリアは紹介できませんが、それ以外の部分をグルーっと見てきました。

シャワールームの場所や喫煙所、格安で市内に行くために必要な”GO Card などなど、ブリスベン空港を利用するにあたって知ってて損はないであろう情報を盛り込んでいます。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ブリスベン空港 : ターミナル間シャトルバス

ブリスベン空港のターミナル間は無料のシャトルバスが走っています。

だいたい毎10分のペースで運行しています。

乗り場は国内線には二つあり、到着ロビーから外にでると向かって左側と右側の両端にあります。

オレンジ色の看板があるので、目がつきやすかったです。

↓国内空港側の停留所
ブリスベン空港 ターミナル間 シャトルバス

この停留所からは4種類のバスが運行しています。

  • ターミナル間シャトルバス
  • スカイゲート&DFO行きシャトルバス
  • エアパーク行きシャトルバス
  • スタッフ専用バス

ターミナル間を移動する際は、バスの表示を確認するかドライバーに確かめます。

ブリスベン空港 ターミナル間 シャトルバス ブリスベン空港 ターミナル間 シャトルバス

スカイゲート&DFO行きのバスは、格安で市内に行きたいときに使えるバスです。
(この市内に行く方法は、記事下に紹介する記事で紹介しています。)

ちなみに国際空港側の停留所到着ロビーを出て向かって右側の奥にDomestic Transferと書かれた場所にあります。
ブリスベン空港 ターミナル間 シャトルバス

国際線で到着し、国内乗り継ぎがある方は、ここから無料で国内線ターミナルまで行くことができます。

ターミナル間シャトルバスのの時刻表がこちら

ブリスベン空港 ターミナル間 シャトルバス 時刻表

といっても、朝6時から夜の7時までの間は10分間隔で運行しています。

それ以外の時間は25分ごとの運行です。

早朝は4時からの運行

ラストは夜の11時です。

ターミナル間の移動にかかる時間はだいたい10分弱でした。

では、まずは国際線の方から紹介します。

国際線ターミナル

今回は国内線利用でしたので、国際線ターミナルは保安検査(身体と荷物をスキャンするエリア)を通過したエリアはありません。

  • 出発ロビー
  • 到着ロビー
  • Airtrain(空港と市内を繋ぐ電車)の駅
  • 喫煙所

を紹介します。

出発ロビー

ブリベン空港の国際線ターミナルは、国内線の方に比べてこじんまりしているなというのが第一印象です。

ブリスベン空港 国際線 ターミナル 両替

出発ロビーの雰囲気はこんな感じで、いたるところにお土産・免税店・両替所がありました。

ちなみにオーストラリアドルと日本円の両替は、空港の両替所よりも次の2つがお得です。

お得な両替方法

  • オーストラリアと日本の両方の銀行口座を持っている場合
    →Transferwiseという外貨両替サービス

参考記事:Transferwiseの口座開設 &登録は15分 海外送金はアプリで2分

  • オーストラリアへ旅行の場合
    →マネーバンク(日本円⇄オーストラリアドルの両方向でお得)

参考記事:【お得すぎる!】日本円 → オーストラリアドル へ旅行前に両替する方法

参考記事:おすすめ3選!ワーホリでお得&安全な お金の持って行き方 【準備編】

奥に広めのフードコートもあり、電源コンセントがあるので、パソコンやスマホの充電もできちゃいます。

ブリスベン空港 国際線ターミナル 出発ロビー

こんな感じで机の上に埋め込まれています。
ブリスベン空港 国際線ターミナル 出発ロビー

到着ロビー

国際線で到着した場合、もしスマホがSIMフリーなら、ぜひ現地のSIMカードの購入をお勧めします。

到着ロビーにはOptusという会社が提供する電話回線のSIMカード店舗がありました。

ブリスベン空港 SIM カード 購入

また、ブリスベン空港から市内へ格安で行く方法で活用できる”Go Card”もここ到着ロビーのインフォメーションセンターで購入できるようです。

ブリスベン空港 国際線 ターミナル 到着ロビー

AirTrainの乗り場

市内へ行く方法の一つであるAirTrain(電車)は、中二階から駅へ向かうことになります。

ブリスベン空港 国際線 駅 AirTrain ブリスベン空港 国際線 駅 AirTrain

喫煙所

個人的な感想ですが、オーストラリアは日本に比べて喫煙に関して厳しい国です。

ブリスベン空港内での喫煙は禁止です。

そして喫煙スペースは『端っこ』に設けられています。

ターミナルから出て向かって左側と右側の両端にあります。

ブリスベン空港 喫煙所

ブリスベン空港 喫煙所

こんな感じで柵で囲まれたエリアになります。

国内線ターミナル

今回利用したのはこっちの国内線ターミナルです。

なので、保安検査通過後のエリアも画像付きで紹介します。

出発ロビー

国内線ターミナルには出発ロビーのようなスペースはなく、到着ロビーからエスカレーターで上がるとすぐに保安検査があり、そこを通過するとあとは登場ゲートとお土産屋さんやフードコートエリアだけです。

大きなフードコートがターミナル両端にそれぞれあり、電源コンセントなども用意されています。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 飲食点 ブリスベン空港 国内線 ターミナル 飲食点

↓電源コンセント

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 飲食点

ちなみにブリスベン空港は無料Wi-Fiが通っています。

そして、シャーワールームを2箇所あります。

ただ、残念ながら改装中だったので、中がどんな感じかまでは撮ることはできませんでした。。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル シャワー

もう片方も改装中でした。。

次回来る機会があって、中に入れたら更新します。。

到着ロビー

国際線ターミナルでは、インフォメーションセンターで”Go Card”が購入できそうな感じでしたが、国内線の方ではAirTrainの案内所で購入できまし、私もそこで購入しました。

ちなみに到着ロビーの両端にあります。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 到着 ロビー 電車 チケット Airtrain

ここのおじさんが気だるそうに対応してくれました。。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 到着 ロビー 電車 チケット Airtrain

喫煙所

国際線ターミナルと同じく、喫煙所はロビーを出た後の両端にあります。

外のエリアには、いたるところに『禁煙』のサインが・・・

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 喫煙所

最大で330ドルの罰金刑になる可能性があるそうです・・・

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 喫煙所

矢印の方向に進んで行くと、上に紹介したバスターミナルを超えたあたりに、喫煙所が見えてきます。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル 喫煙所

屋根もない。。喫煙には厳しい国オーストラリアへようこそです。

コインロッカー

国内線の到着ロビーを出ると、向かって右側と左側の両方に駐車場へと向かうための横断歩道があります。

ブリスベン空港 コインロッカー

この横断歩道を渡ってすぐの場所に、ロッカーがあります。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル ロッカー

ディスプレイには、日本語の案内もありました。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル ロッカー ブリスベン空港 国内線 ターミナル ロッカー

案内通りに進めることで、荷物を預けることができます。

ブリスベン空港 国内線 ターミナル ロッカー

ブリスベン空港から市内への行き方

空港から、市内へと行く方法は次の5つの方法があります。

  • シャトルバス
  • タクシー
  • Uber
  • 電車(AirTrain)
  • バスと電車の組み合わせ(最安)

空港と市内のアクセスに関しては、こちらの記事で詳しく紹介していますで、参考にしてみてください。

関連記事:ブリスベン空港から市内アクセス手段5選!最安は5.2ドルから