関空の安宿 ! 一泊1955円のラウンジで安く前泊&仮眠した感想

関空の安宿 をお探しですか?

日本にある数ある空港の中でも、利用者数で言えば羽田・成田に次ぐ規模を誇る関西国際空港

羽田・成田に次ぐハブ空港としての機能を備えているため、関空経由で日本各地へ行ったり、または関空から国外へ行かれる方も多いですよね

特にピーチやJetstar、Vailla air などのLCCを利用する方達は、飛行機のフライトが早朝だったり夜遅くだったりと、同日乗り継ぎができない方も多いはず

今回の記事は、そんな風にして関空で前泊をしなければならない方で、安く泊まれる方法を探している方に役に立つかもしれません

一泊1955円ほどで、フルフラットのチェアーで仮眠を取ることができます

もし運がよければ、通常は一般の方が使えない「プレミアム ラウンジ」が使える裏技も紹介します

関空 安宿 関空 ラウンジ 感想

ことの発端は、急遽一時帰国することになり、Jetstarの関空経由で北海道に行くことになりました。。

ちなみに今回の一時帰国中のネット環境はこちらのwifiをレンタルすることにしました

【一時帰国?】Prepaid SIM vs 無制限 ポケットwifi をレンタル

2017.04.18

関空到着は夜7時頃で、翌日のフライトは朝7時発と12時間ほど時間があります

朝の6時半くらいには搭乗ゲート付近にいなければいけないので、関空島での宿泊の1択でした

問題はどこで仮眠を取るかです

  • ホテル日航
  • ファーストキャビン
  • KIX AIRPORT LOUNGE
  • リフレッシュスクエア
  • エアロプラザ2階休憩所
  • 関空ターミナル内の長椅子

実は関空到着前は、リフレッシュスクエアにしようと思っていました

なぜなら「フラットシート」の仕切りに8時間1640円で滞在できるから

ところが、関空内のレストランで夕食を2件はしごし、さらに食後の運動も兼ねて、空港内をくまなく散策して(どこに何があるのか知りたくて・・汗)気がついた時には夜の10時くらいになってて、お目当の「フラットシート」が全部満席になってしまってたのです。。。

ホテル日航やファーストキャビンはお値段がお高めなので、今回紹介する「KIX AIRPORT LOUNGE」で仮眠することにしたのです

KIX AIRPORT LOUNGE

“KIX AIRPORT LOUNGE”は、関空の第一ターミナル2階、マックの隣にあります

料金体系がこちら

関空 仮眠

面倒な入会手続きなく、料金も後払い制です

3時間が過ぎれば勝手にパック料金になっていきます。今回はブース席で9時間パックの料金となり、本来は3910円です

ところがKIX-ITMカードを提示すれば、料金が半額になります

KIX-ITMカード?

関空内のレストランなどで割引がきくこのカードは、年会費無料で当日空港で簡単に作れます

ターミナル2階のインフォーメションデスクの隣にある端末で登録し、デスクですぐに受け取ることができるので、ぜひ作ってください

詳しくはこちら

受付を済ますと、伝票が渡されます

関空 エアポート ラウンジ 仮眠

ラウンジ内の雰囲気

ラウンジ内は、ポップな感じでやや簡素な満喫と行ったところでしょうか

関空 仮眠

オープ席でも横になって寝ている人がいました。

夜の10時くらいはこんな感じでしたが、朝方にはここが人で埋まっていました。。

関空 仮眠

一応それなりに、読み物も揃えてありました

ドリンクの種類はこちら

ちなみに男子トイレはこんな感じ

ブース席

通常のブース席はこんな感じです

通常の満喫より、やや敷居が低く閉める戸もないので、プライベート感はほぼありません

ただ今回私が使ったのは、「プレミアムラウンジ」内にあるブース席でした

関空 エアポート ラウンジ

このエリアは通常KIX-ITMカードのプレミアムメンバーのみに解放されているのですが、21時から翌4時までの間に通常のブース席が満席の場合に案内されます

今回たまたま、一般のブースが満席だったので、こちらに案内されました
※入店時に「どの席が空いていますか?」と聞けば、プレミアムラウンジが使えるかどうか、いやらしくなく聞くことができるかと思います

室内はやや照明が暗く、人通りも少ないので、通常のブース席よりかは落ち着けます

リクライニングチェアーはしっかりしてて、ほぼフルフラットになります

フットレストもあるので、足を伸ばして横になることができます

ちなみに私は身長181ちょっとあるのですが、フットレストを使えば結構快適にフィットします

室内は若干寒かったので、パーカー程度一枚羽織った方が良いかもしれません

ちなみにドリンクバーの隣の棚にスリッパが用意されているのも嬉しいポイントでした

シャワー利用

ここのラウンジはシャワーも用意されていてます(シャワー質は5つあります)

関空 シャワー

シャワーのみの利用だと510円なのですが、ラウンジを使っていれば310円の追加料金で利用することができます

「フラットシート」のあるリフレッシュスクエアにはシャワーは併設されていないので、浴びたい場合はお店の裏手にあるシャワー室が15分500円で利用できます

しかし、こちらはシャワー室は40分とパウダールームは20分の合計1時間の余裕があります
※シャワーのお湯自体は15分です

ちなみにシャワー室はこんな感じ

関空 シャワー

荷物をおくスペースもあるし鍵をかけられる

関空 シャワー

シャンプーとボディーソープがある

パウダールームはこちら。ドライヤーも無料で貸してくれます

シャワー利用時の注意点

シャワーを使う場合は、使いたい時間帯を入店時に伝えた方が無難です

というのも、どうやら夜間帯は予約制とのこと

朝の4時半ごろに使えるか聞いたら、5時からなら使えますと言われました。。

場合によっては予約がいっぱいだったりと、自分が使いたい時に使えない恐れもあるので、あらかじめ聞いて置いた方が良いかと思います

関空 シャワー

シャワーの受付を終えると、下画像のような、鍵とコインがついたバインダーが渡されます

タオルは購入制です

コインとシャワーに投入すると、15分間お湯が出るようになります

シャワーは止めても、時間は進みますので注意が必要です

シャワーだけ利用は損

シャワーだけの利用だと510円ですが、ラウンジを30分利用すると総額465円でシャワーが使えて、ドリンクバーも利用でき、さらに時間も30分プラスされます

先ほど紹介したKIX ITMカードを使えば、30分310円が155円になり、シャワー利用も310円となるので465円でラウンジ・シャワー両方利用できることになります

ラウンジを利用してみた感想

シャワー浴びて、ドリンク飲んで、フルフラットの席で寝て、タオル&髭剃り購入して合計金額が2,500円ちょっとでした

KIX-ITMカードのおかげて、かなり安く仮眠できたのです

悪くない選択だったなぁと思います

特にプレミアムラウンジを使えたのは、棚ぼた的な感じでした

もちろん、フラットシートに比べたらやや疲れは残りますが、関空内でこんだけのサービスをこの価格で受けることができるのはありだと思います

翌日には実家についてゆっくりできるので、「ファーストキャビン」に6000円や「ホテル日航」に万単位を払うより圧倒的にコスパはいいかなーと思います

もし、今回紹介したKIX AIRPORT LOUNGEを仮眠に使うのであれば、できるなら22時くらいの時間帯を狙ってみてはいかがでしょうか?

あまり遅すぎると通常席もプレミアムラウンジも埋まってしまうので、オープン席での雑魚寝状態になってしまいますので、参考にしてみてください

今度関空で前泊するときは、違う方法を試してみたいと思います