バイホテル セブは口コミ通り?ビュッフェやプールを写真付きで紹介!

バイホテル

バリ島にある バイホテル (Bai Hotel) に宿泊してきたので、口コミというか感想を紹介したいと思います。

東南アジア放浪を初めて早1週間。。

東南アジアあるあるの「細菌性胃腸炎」にもれなくあたり、お腹の下りと戦い続け体力を奪われていた私。。

ようやく峠を超え、徐々に体調もよくなりかけてきたときに、まさか4つ星のホテルに泊まることになるとは思ってもいませんでした。

そうです。

この豪華なホテルに独身平民の私がひとり旅で使う価値観を持ち合わせてはいません。

では、なぜ泊まることになったのかとういと、エルニド行きのフライトが欠航になり急遽航空会社がホテルを手配してくれたのです。

結果的に、宿泊するホテルの数が増えたので、これからセブ島に旅行予定でこのホテルが気になっている方の参考になればと思い記事を書きました。

また、フィリピンペソの両替をどこでしようか考えている方は、レートが良心的かつ出発前にできる「外貨宅配サービス」も検討して見てはいかがでしょうか?
フィリピンペソの両替 はどこがおすすめ?マクタン空港 vs 日本の銀行

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

バイホテル 部屋の様子

私が用意されたのはツインルームでした。

バイホテル 部屋

トイレの水圧が強くて、びっくり!

トイレットペーパーも安心して流れていく水圧でした。

バイホテル 部屋

洗面台はこんな感じで、ドライヤーもあります。

バイホテル 部屋

アメニティはこんな感じ
バイホテル アメニティ

  • ボディーローション
  • 石鹸
  • シャンプー
  • 歯磨きセット
  • サニタリーバック
  • シャワーキャップ
  • カミソリ

コーヒー&紅茶と水二本

バイホテル アメニティ

シャワールームは安定の水圧&ホットシャワーで快適です。

バイホテル シャワー

このデスクスペースも記事書くのにありがたかった。。

バイホテル アメニティ

wifiの速度

残念ながらwifiの速度は早いとは言えませんでした。

遅いと感じますが、我慢できるレベル。

ただ、同じ部屋に2〜3人同時に使ったら遅く感じるようになるかもしれません。

私はIphoneとパソコンを同時に使おうとしたら遅かったので、パソコンはwifi、スマホはsimでネットに繋がっていました。

※セブ島のwifiやsimに関しては、別記事にて紹介したいと思います。
(準備中)

バイホテル のビュッフェ

驚いたのがビュッフェのバラエティ豊かさでした。

  • イタリアン
  • 中華
  • 和食
  • インド
  • メキシカン
  • デザート

と、種類が豊富で見て回るのも楽しめます。

夕食

刺身もありました。(サーモンはちょっと脂肪が多すぎな気がして頭が痛くなりそうでしたが。。マグロは美味しくいただけました)

バイホテル ビュッフェ

ちょっとした巻き寿司もあり、シェフが目の前で天ぷらもあげてくれています
(ブレてしまっていてすみません。。)

バイホテル ビュッフェ

メキシカンフードのブリトーやナチョスにディップ
バイホテル ビュッフェ

牛・豚・鳥のロースト
バイホテル ビュッフェ

スイーツコーナーも
バイホテル ビュッフェ

これはお代わりした時のお皿ですが、チキンマサラ、ビーフマサラ、ナン?と豚の煮込み?です。

バイホテル ブッフェ

どれも美味しくいただきました。

朝食

朝食バイキングも夕食と同じエリアでバラエティが豊富でした。

そして朝なので、生野菜サラダもありました

バイホテル ブッフェ 朝食

ちなみに同じようなのが夕食のときにもありました。

東南アジアは味付けが濃い&脂っこい料理が多いので、安心して生野菜が食べられるのはありがたいです。

上にも書きましたが、おそらく私はバリで生野菜を屋台で食べ、もれなく細菌性胃腸炎をくらったものと思われます。

とは言え、原因は色々考えられますが、東南アジア旅行の際はハンドサニタイザーを携帯しておくことをお勧めします。

ちなみに、朝食には和食コーナーに蕎麦がありました!

バイホテル 朝食

バイホテル のプール

バイホテルのプールは21回にあり、セブ島を見渡しながらリラックスすることができます。

また、バーもありスタッフさんが「飲み物いかがっすか?」とおすすめしてきてくれます。

日本で流行中のナイトプールってやつでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

フライト欠航くらいもう一泊セブ島に滞在するに事に。 面白いのは怒って抗議に殺到しているのは、英語圏含む西洋文化で自己主張と権利主張を求められる文化圏の人たち。 対応している現地スタッフは丁重に低姿勢で対応しているのがみて取れる。 アジア文化圏であろう人たちは黙って行く末を見守っている感じの人が多い。 30過ぎて思う。俺はやっぱりアジア圏の方が性に合う。(あっ!でも中国本土の気質は別で。。) 「受け取るサービスに対して気持ちよくお金を支払えるか?」ホスピタリティ含む観光業において、オーストラリアではこれがなかなかできないし期待もしてない。 が、バリ島&セブ島では今のところ全て気持ち良い! 言い訳、逆ギレ、謎の高圧的な態度な接客に慣れきっていた自分としては、低姿勢な接客にこちらも低姿勢で受け答えできる環境が心地よい。 と言っても、俺がいたの北部ノースクイーンズランドだから、他の地域行けば違うのかもだけど。 そんなこと言ってる私は、韓国人に「典型的な韓国人顏だね」と言われ、中国人に「典型的な中国人顔だね」と言われ、トルコ人に「典型的な日本人顔だね」と言われたことのある日本人です。 #文化の違い #接客業 #セブ島 #セブ島旅行 #セブ島観光 #アジア旅行 #東南アジア一人旅 #東南アジア旅行 #東南アジア旅 #東南アジア好き #一人旅 #一人旅行 #東南アジア周遊 #東南アジアの旅 #フィリピン旅行

A post shared by ウォンバット通信 (@wombatpress) on

ちなみに、バイホテルにの屋上にまたおしゃれなTwilight roofdeck というバーラウンジがあるそうですが、なんと毎週月曜日がおやすみのようで、私は見学することができませんでした。

もし、そこにも行って見たいというのあれば月曜日に宿泊と鳴らないように注意が必要です。

フィットネスエリア

もし、あなたがジムなどで定期的に体を鍛えているなら、フィットネスエリアもあるので使うことができます。

  • フリーウェイト
  • トレッドミル
  • 腹筋ローラー
  • バランスボール
  • スミスマシーン
  • チェストプレス
  • レッグエクステンション
  • レッグカール
  • ベンチプレス
  • ケーブル
  • 懸垂スタンド

等がありました。

私自身はウェイトトレーニングではなく、自重トレーニングをメインに行ってきていますが、懸垂をしたかったので使いました。

セブ島でフライト欠航の為用意されたホテルにジムがあるとのこと、早速レジスタンスバンドを引っさげ向かうは懸垂バー。 腹筋ローラーにも挑戦。 筋トレ始めた時に比べて前腕の違いを感じる! 実はここ数日東南アジアあるあるの「細菌性胃腸炎」で下痢が止まらない&食欲でない&飛行機遅延で飯がまともに食えない状況。 幸か不幸か下痢のおかげで「むくみ」が消えたっぽい? リーンゲインズ辞めた時から比べたら大分顔が引き締まってきたような。 でもホテルのお肉はここぞとばかりに沢山補充 #自重トレーニング #懸垂 #断食 #むくみ #顔痩せ #自重トレ #自重筋トレ

A post shared by 囚人筋トレ 徹底解剖! (@shuujin_kintore) on

兄弟ブログ:囚人筋トレ!徹底解剖

スタッフのサービス精神について

これは私がオーストラリアの

「ぶっきらぼうなサービス」

「高圧的な態度」

「高校生・大学生かと思える陽キャなノリ」

の接客に慣れすぎていたのか、本当に気持ち良い接客をしていただけました!

海外旅行をするとサービス・ホスピタリティ精神が日本と違ったりして「がっかり」というコメントを聞いたりしますが、まったくそんなことなく、真摯・丁寧・低姿勢でなんとも素敵な対応でした。

本音を申し上げるなら、オーストラリアに10年近くいてこんな受け答えできるサービス業に従事している人に出会ったことがないかなと思います。

それでいて価格だけは一流並みに高いから本当に。。。
(ちょっと私の愚痴がでそうなので、この辺で)

参考になれば幸いです。
Booking.comで空室チェック

Agodaで空室をチェック