「人のこと言えない」は英語で何?2通りの言い方を紹介

人とかかわり合う以上、誰もが一度は思うこのフレーズ。

もちろん英語でも、これに相当する言い回しがあります。

この記事では、2つ紹介しますので、是非覚えて使ってみてください。

まず一つ目です。

  • Look who’s talking
これは、応用とか関係なく、こう決まったフレーズです。

使いどころも、日本語の時と変わりはありません。

直訳すると、「誰が言ってんのか、ちょっと考えてみろ」です。

“Look” は、”look at”で「〜を見る・目をやる」の意味で使われるのが有名ですが、単独で使われる事も会話英語では頻繁にあります。

特に相手の注意を引く時や、一歩引いて状況を認識して欲しい時に使われます。

私の実例を1つ上げてみます。

福岡のゲストハウスで働いていた時に、実際に私が言った例です。

“Look, can’t you see she’s uncomfortable answering those questions”
(ちょっと、彼女が困っているのわかんないかな?)

お客さん同士で会話が盛り上がっている最中、話に割り込んできた男性客。

ある女性に対してデリカシーに欠けた質問を矢継ぎ早にしてたので、たまりかねて注意した時に使ったフレーズです。

他のお客さんもどん引きしている中、かまわずに質問し続ける彼に対して軽く注意をしたのですが、いっこうに耳を傾けてくれないので、”look”と注意を引きました。

つまり「ちょっと周りを見てごらん・一旦現状を俯瞰して捉えてみて」といったニュアンスです。

“look”にはそういった意味もあるとわかれば、上の”Look who’s talking”もすんなり理解できると思います。

スポンサードリンク

次にもう1つの言い方を紹介します。

  • Who are you to tell me 〜
これは状況に応じて”me”以降を変更する事ができます。

日本語の直訳では「どの口がいうか」!?に近いと思います。

「俺にそんな事言うあんたは誰(何様)だ」とも解釈できますね。

例えば、タバコを吸っている人にタバコを辞めるように注意されたら

“who are you to tell me to stop smoking” ?と言えますね。

もちろん、先程の”Look who’s talking”も使えますよ。

参考にしてみてください。