【日本で会話力UP】英語スピーキング上達に役立つ勉強法 

日本にはたくさんの英会話教材や学校がありますよね。

色々試したけど英語が話せない。。。

会話力を上げるには「やっぱり海外に行かなきゃダメなのかな」と思っている方にお伝えしたい。

実は「スピーキングを上達させる事は日本でも可能」という事を。

確かに、英語の会話力をアップさせるための「環境」のみを見れば、圧倒的に英語圏に住むことは有利です。

  • 日本語話者の数が圧倒的に低い
  • 商品やサービスの提供は英語
  • 生活に関わる文書なども英語

しかし、このような英語環境を活用する「やる気と行動」がなければ、結局英語の上達は望めないのです。。

海外には、英語を話せない人向けに様々なサービスが提供されています。

    • 医療翻訳サービス
    • 確定申告代行
    • 自動車修理

語学留学やワーホリ=英語力UPにならない理由

事実、オーストラリア在住十数年の方が、英語を使えない現状をたくさん知っています
(この辺は、今後スタートするメルマガにて詳細をお伝えします)

受け身では英語は身につけることはできないのです。

大事なのは、本人の「やる気と行動」、そして正しい勉強法なのです。

これさえ揃えば、場所は関係ありません。

その正しい勉強法のステップとして、ある程度の文法と語彙力があることが英会話上達には不可欠な条件です

あなた
スピーキングになんで、文法が必要なの?

って思った方は、以下の記事も参考にしてみてください

何から始める?英語学習に効果的な順番を徹底解説!

ここでは、上の条件を満たした上での、効果的なスピーキングの練習方法を紹介します

今は、ネットのおかげで、どこでも英会話を実践できる環境が手に入るようになりました。

特に多いのが、スカイプを使ったネイティブ講師とするオンライン英会話ですね。

英語は実践で使ってなんぼですから、こういったサービスを上手く活用するのはとてもいい事だと思います。

ただ、こういったサービスは使う前に「ある一手間」をかけることで、上達のスピードに違いが現れます。

その他にも、あなたの住む地域や生活スタイル、出張の有無によっては、お金を稼ぎながら、または浮かせながら英会話を実践する事が、ここ日本でも可能です。

その方法をこちらで紹介します。

また、この無料で実践する方法と、お金を払ってするオンライン英会話との違いも説明したいと思いますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

無料で英会話を実践する方法

スピーキングの練習は一人で出来る事は説明しました。

英会話を上達させるためにすべき事

しかし会話はキャッチボールです。

実践では相手がかならずしも、自分の想定どおりに言葉を返してくれると限りません。

キチンと順番にそって英語を勉強して、スピーキングの練習ができる下地ができたら、実践する場所に移動するだけです。

では日本にいながら、英会話を実践するにはどうしたら良いでしょうか?

もちろん、巷にあふれる英会話学校(駅前&オンライン)も一つの手ですが、方法は他にもあります。

ゲストハウスを利用する

学生さんやフリーターさんなら、アルバイト先に小規模アットホームなゲストハウスを選ぶのです。

ゲストハウス専用の求人サイトもあります

ホテルでも英語を使う機会があるかもしれませんが、ゲストハウスをおすすめします。

理由は英語を使う頻度が圧倒的に多いからです。

ゲストハウスを選ぶ時は以下の3つを優先します。

  • 小規模
  • アットホーム
  • 宿泊者はほぼ外国人

まず、小規模なので、フロント業務から予約対応、そして清掃と業務をほぼ全てやることになります。

フロント業務では、チェックインがあるので英語で会話が必要になります。

予約対応では、メールでのやり取りが多いので、「ライティング」と「リーディング」の実践ができます。

清掃作業中に、宿泊者から声をかけられたりもしますので、これも会話の実践ができます。

アットホームなゲストハウスをアルバイト先に選べば、お客さんとの距離が近くなります。

また様々なイベントを提供している事が多いので、宿泊者と一緒に交流することができます。

こういった機会を利用して、お客さんと英語でたくさん会話をするのです。

そしてなにより、バイト代も入ってくるのです。

お金をもらえて、勉強も出来き実績も作れる。一石三鳥ですね。

ただ気をつけたいのは、時々日本人で「訳ありの人たち」が住み着いているゲストハウスがあります。

こういった場所では英語を実践できる機会はすくないので避けた方がいいです。

外国人を狙っているゲストハウスは大概、FACEBOOKで情報提供していますので、事前にチェックするのも手です。

他にも外国人がよく使う”Lonly Planet”という旅行ガイドがあります。

このガイドブックに紹介されているゲストハウスは英語話者が滞在している事が多いので狙い目です。
※洋書なので、「リーディング」にも使えるのでおすすめです。

また、旅行や出張時の宿泊先に、ホテルではなく、あえてゲストハウスを選ぶのもオススメします。

最近では相部屋だけでなく、個室も提供しているゲストハウスが多くあります。

共用スペースで他の宿泊者との交流もできるゲストハウスが多いので、自分の英語力を試すことができます。

大抵ホテルよりも値段が安いので、宿泊費も浮いて英語の勉強もできるのです。

浮いたお金をビール代などで、交流費として埋め合わせることもできますね。

どこのゲストハウスにするかは、先程の旅行ガイドブック(東京京都に特化した)から選ぶのも手です。

私自身、福岡に住んでいたときにゲストハウスで働いていました。

旅行で来た大学生や、出張で利用された社会人の方も、共用スペースで外国人宿泊者と和気あいあい飲み会をしたりと、楽しく談笑して交流していました。

ただ、この方法はゲストハウスがバイト先に選べる環境だったり、旅行や出張時などと、万人ができる方法ではありません。

それに「英語マスターアルティメットマニュアル」に理由がきちんと説明されていますが、基本この手の英会話では自分の間違いを相手は指摘してくれません

確実に英語上達につながるおすすめの教材・サービス・手法

やはり、添削や間違いを教えてもらうなら、対価やサービス料をキチンと払って行った方が、お互いに気持ちよく出来ると思います。そこで使うのがオンライン英会話です。

オンライン英会話を利用する

ゲストハウスの方法はできる人が限られますが、オンライン英会話であれば場所は関係ありません。

必要なのは、ネット環境とパソコンやスマホです。

つまり今この記事を見ている方は、ほぼ100%利用できるサービスです。

この業界は激戦なので、サービスや料金がほぼ似たり寄ったりなのかなという印象です。

こんな感じで、大概無料体験ができるので、いろいろ試して、自分の予算や目的にあった所を受けるのがいいと思います。


個人的には以下の3社がいいかなと思うので、今後無料体験レッスンでも受けてみて感想をのせますね。

こういったサービスを利用するにも、無計画に英会話に走っても効果はあまり望めないと思います。

大事なのは、事前準備です。上にも書きましたが、スピーキングの練習は「一人」でもできます。

一人で練習した内容を、オンライン英会話で実践する方が、より効果的な成果が望めます。

つまり

    • 会話のトピック
      • 実際に起きたある日の出来事
      • 会話相手の居住地の生活スタイル
    • 表現方法の質問・確認
      • ○○と××の違いって何?
      • 人口どれくらいいるの

などをあらかじめ用意して、まずは一人で練習しておくのです。

そうすることで、知らない単語を調べておくことができるし、話す内容を決めておくことで、沈黙の時間が減ります。

つまり、せっかくお金を払っているのに、何もしない無駄な時間が減ることになります。

オンライン英会話は、このように練習した内容を実践する場と捉えてすればいいのです。

下のテーブルに無料と有料の英会話のメリット・デメリットを簡単にまとめました。

メリット デメリット
無料 無料 間違い指摘無し
有料 間違い指摘有り 分かりやすいスピードと発音

「わかりやすいスピードと発音」がなぜデメリットなのか?

それは、実際の英語を話す現場では、みんながみんなクリアな発音と分かりやすい英語を使ってくれるとは限らないからです。

英語の先生である以上、生徒がお客さんである以上、「あの先生わからない」と言われないようなサービスを提供しなければならなくなってきます。

その点、ゲストハウスのお客さん達はそんな事気にする必要がないので、自然なスピードで話してくれる人も中にはいます
(日本をある程度旅行している人は、ゆっくり話してくれる傾向が見られます)

このように無料・有料でする英会話にもそれぞれのメリット・デメリットがあります。

それを理解した上で利用する事をお勧めします。

そしてさらに一歩すすんで、学生さんや転職活動中など、時間的制約がそこまでない方は留学やワーホリも手段の一つです。

語学の勉強だけなら、日本でもほぼほぼ出来ますが、やはり海外生活をするとしないとでは、人生の経験値に大きな違いができると思います。

この海外生活に興味のある方は、こちらを参照してみてください。

就職に活かす!後悔しない留学&ワーキングホリデー活用法