箱根の温泉付きゲストハウス「つたや旅館」が最高過ぎた件

「ちょっくら温泉地で週末をゆっくりと過ごしたい」

そんな思いに駆られて、先日箱根に2泊ほどしてきました。

30代に突入してから温泉というか湯船に浸かることの良さがわかるようになってきたので、せっかく日本にいて旅行が好きなのであれば、これから様々な温泉地に旅行に行こうと思うようになりました。

名古屋在住の自分にとって、ちょっと都会の喧騒を離れて、温泉を楽しみながら静か〜にのほほ〜んと週末を過ごしたいなぁと思ったのがきっかけです。

箱根に行くのは今回が始めて。箱根にはエリア別に特色がちょっと別れているようでして、私が滞在したのは「宮ノ下」という地域にあるある温泉付きゲストハウスの「つたや旅館」さん。

そうなんです。ゲストハウスなのに温泉がついているんです。

一言で言うなら「5つ星ホステル」「ファイブスターゲストハウス」です。

ちょっとぶらり旅はもちろん、私が感じたのはリモートワーカーやワーケーションとして「最高過ぎませんか?」という環境と設備です。

タイミングによっては、他の宿泊者とちょっと談笑したりとゲストハウスならではの楽しい出会いがあるかもしれません。

ということで、私の独断と偏見でこの施設の素晴らしさをお届けしたいと思います。

目次

温泉付きゲストハウス「箱根つたや旅館」の魅力、ここが(・∀・)イイ!!

箱根では観光エリアをブラブラ〜とか食べ歩き〜とかするつもりは全くなく、ただ「時折温泉につかり、施設内でリラックスしてパソコン作業し、休憩がてら軽く散歩」という感じで過ごしたかったのがあります。

なので、私が求めている条件は

  • 朝風呂に入れる
  • 共用部の居心地がいい
  • パソコン作業ができる
  • 作業デスクから自然が見れる
  • 自炊ができる

の5つです。

この6つの私の欲求を箱根つたや旅館さんは高次元で満たしてくれたのです。

箱根つたや旅館の魅力1:公共交通機関でアクセスが簡単

私は車の運転が特に好きではないので、移動は公共交通機関を多用します。なんといっても

  • 景色を見ながら移動できる
  • 本を読みながら移動できる
  • ご飯食べながら移動できる
  • パソコン作業しながら移動できる
  • 事故で加害者になるリスクがない

という点がとても魅力的なのです。

車に乗るとどうしても周りに注意を向ける必要があるので気を張ってしまうのがどうも嫌でして。

そんな私にとって最寄りのバス停や駅が近いのは大変ありがたいのです。

で、箱根つたや旅館さんは、最寄りのバス停から徒歩1分、電車の場合は10分ちょっと。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次