【一時帰国?】Prepaid SIM vs 無制限 ポケットwifi をレンタル

最近でこそ都会なら至る所で無料のwifiスポットが増えましたが、 ポケットwifi のレンタルやプリペイドのSIMカードの購入は一時帰国中の必須アイテムではないでしょうか?

無料のwifiスポットは、遅いことが多いし移動するたびに接続し直したりと面倒ですからね。。。

一時帰国者のほとんどは日本の携帯電話会社と契約をしていないので、日本滞在中の連絡手段はLINEやFACEBOOKのメッセンジャー機能やスカイプなどのIP電話ではないでしょうか?

そのサービスを利用するには、インターネットへの接続が不可欠です

ちなみに最近知ったのですが、海外在住でも日本の電話番号を無料で持つことが可能です

初期費用・月額利用料が0円なので、海外在住者にはとてもありがたいこのサービスは、Smartalkというアプリを使います

海外在住者必見! 日本の電話番号 を無料で取得する方法

2017.05.01

このサービスもインターネットに接続されていないと使えません

なので、やはりネットへの接続は不可欠ですね

そこで今回の一時帰国にあたり、プリペイドのSimカードにしようか、ポケットwifiのレンタルにしようか迷ったのですが、結局ポケットwifiのレンタルに決めました

この記事では、プリペイドのSIMとポケットwifiを比較しながら、なぜポケットwifiのレンタルにしたのか紹介します

ぜひ、参考にして見てください

スポンサードリンク

プリペイドSIM vs ポケットwifi

SIMフリーのスマホをお持ちであれば、空港や電気屋さんなどでプリペイドのSIMカードを購入すればあっという間にネットに接続できます

しかも、使い終われば破棄するだけなので、面倒な手続き等がないのも魅力

ただ、ネックなのが以下の3点

  • 通信量&速度の制限
  • 利用期間の制限
  • リチャージが割高

通信量&速度の制限

プリペイドSIMの場合、使用できるデータの通信量に制限があります

だいたい1GB〜2GBくらいです

いまいちパッとどれくらい利用ができるのか掴みにくいのですが、Freetelのサイトに1GBの目安がありました

一時帰国 プリペイド sim

また、FreetelのSIMカードの場合、下記ののSNSアプリは通信量無料

  • Facebook
  • Wechat
  • WhatsApp
  • Kakaotalk
  • Line

ただYoutubeなどの動画をたくさん見たい人には不向きかもしれない

利用期間の制限

プリペイドのSIMカードは、利用開始してから一定の期間が経過すると、期限切れとなり使えなくなってしまいます

こちらの期間はだいたい、7日間・30日間・3ヶ月のものが多いです

プリペイドSIMを提供している3社をちょっと簡単に比べてみます

1:Freetel

7日間と30日間のプランがあります。そして30日間はデータ通信量の違いで3種類一時帰国 プリペイド sim

アマゾンなら500MBで1600円ほどで買える模様。海外に住む日本人のお友達への、「逆お土産」にいいかもですね。

2:So net

こちらの会社は、30日と60日のプラン。データ量は1.2~3.6GB

オープン価格ですが、アマゾンでは3000円(2GB)ほど

3:IIJmio

こちらの会社は、30日と3ヶ月のプラン。それでいてデータ量が1GBと2GB

一時帰国 プリペイド sim

こちらもオープン価格ですが3ヶ月の2GBで3000円ほど

リチャージが割高

上記のようにデータ通信料に制限があるのですが、リチャージも可能です

しかし、私個人の感想としてはちょっと割高かな

リチャージの金額を表にまとめました

チャージ量 料金
Freetel 500MB 980円
So net 1GM 2838円
II Jmio 500MG 1500円
2G 3000円

今回の滞在は13日間と、7日間では足りず、30日間では期間が余ってしまうのでSIMカードのプランとはちょっとミスマッチな滞在なのです。

どれくらいのデータ量が必要か考えたのですが、自分が日本にいた頃、AUの1ヶ月7GBの制限が足りなくてwi-maxを契約していたので、多少余裕を持って6GBくらいは欲しいなと思いました

そう考えると一番しっくりきたのが、これから下に紹介する「東京wifi」のデータ通信無制限のポケットwifiレンタルでした

13日間の滞在で6GBを必要とした時の料金

SIM リチャージ分 料金
Freetel 4980円 (30日・5GB) 1960円(1GB) 6940円
So net 3095円 (30日・2GB) 11352円(4GB) 14,447円
II Jmio 3079円 (60日・2GB) 6000円(4GB) 9079円
東京wifi 15日プラン&送料 必要なし 5400円

自分の滞在日数と必要データ通信料を考えると、どうしてもこのポケットwfiレンタルの1択でした

プリペイドsimとは違い、「ネット申し込み→受け取り→セットアップ→返却」の手順が必要ですが、すごく簡単です。

以下に実際に申し込みから返却までの流れを紹介します

ポケットwifiレンタルに興味がある人はぜひ参考にして見てください

レンタル ポケットwifi

今回利用したのは「東京wifi」が提供するレンタルサービスです

料金は基本無制限で一日500円〜ーヶ月だと216円というもの

今回は、13日間の滞在なので、15日プランの4000円にしました

ネットで申し込み

まずはネットで申し込みます。

この時、15日や30日の割引プランにしたい方は、日付設定の時に15日間か30日間にしないと、割引が反映されませんので注意が必要です
※受け取りたい日から最低2日ほど余裕を持って申し込みが必要です

試しに13日間でやって見ますと、6500円と表示されます

右下のチャット機能で問い合わせて見ます一時帰国 wifi レンタル おすすめ

下記画像の回答とのことなので、設定し直して見ます

ちゃんと15日間プランが適用されました

「予約フォームへ」をクリックして、進みます

今回は新千歳空港で受け取りたいので、住所欄に空港の「郵便局留め」で入力しました

各空港の郵便局の住所は、「空港受け取り」のチェックの隣にある「空港受取の方は確認必須」で確認できます

クリックすると下記のページが表示されます

STEP3の「主要空港内郵便局一覧」をクリックして、受け取りたい空港内の郵便局の住所を確認します

空港受け取りは時間帯に注意!

空港受け取りの場合は、郵便局の営業時間に注意が必要です

本当は関空で受け取ろうと思ったのですが、飛行機到着が19時で、翌朝の7時には出発だったので、関空受け取りを断念

新千歳空港にはちょうど9時に着く便だったので、到着してすぐ受け取ることができました

受け取りには身分証明書が必要です。運転免許証で大丈夫でした

申し込みの続きに戻ります

申し込み内容を確認して、「ご予約・クレジットカード決済」をクリック

以下の画面が表示されますので、「クレジット決済画面へすすむ」をクリックします

クレジットカード情報を入力し、「入力内容を確認する」をクリックします

内容を確認して「お支払い」をクリックして完了です

お支払い完了画面が表示されました

このあと、予約確認のメールと、ポケットwifiの発送についてメールが送られてきます

追跡番号も教えてくれるので、到着の確認ができます

空港で受け取り

指定した郵便局で、自分宛の郵便局留めの商品があることを伝えると、問題なく受け取れました

一時帰国 wifi レンタル 

セットアップ

封を開けて中身を確認します

  • ポケットwifi
  • 電源アダプター
  • 領収書
  • 説明書
  • 返却方法のしおり
  • 返却用レターパック
一時帰国 wifi レンタル 

ポケットwifiは電源を入れるとすぐに使えました

裏面にSSIDとパスワードが表示されています

一時帰国 wifi レンタル

とはwifiネットワークを検索して、パスワード入力して接続するだけ

返却

返却は同封されてきたレターパックに、レンタル機器全て入れて封をしてポストに投函するだけ

宛先もすでに書かれているので、記入するのは、自分の住所と電話番号だけ

ちなみに返却期限は、レンタル最終日の翌日朝8時までに投函で大丈夫です

ポケットwifiレンタルした感想

今のところは不自由なく使えています

ただ回線がソフトバンクなので、ちょっと入り組んだ場所などは速度が落ちる傾向に見られます

建物中は弱いかなと思いますが、窓際にポケットwifiを置いておけば問題ありません

電源も充電なしで7時間は持ってるので、文句ありません

動画も見れるし、データ通信料をきにする必要もないので満足です

標準モードに注意

ポケットwifiには二つのモードがあります

  • アドバンスドモード
  • LTEモード

LTEモードの場合は7GBの制限(0.5MBを600円で追加購入可能)がありますが、アドバンスドモードの場合は制限がありません

アドバンスドモードでYOUTUBE動画見ると、最初は画質があらいですが、通信が安定すると画質がよくなりました

おそらく、アドバンスドモードで動画をスムーズに見るのであれば画質を360pか240pに設定した方が良いと思います

LTEモードでも7GBあるので、今回の滞在期間でも十分かと思います

仮に追加購入でも1GBなので、他のSIMより割安です

今回、初のポケットwifiのレンタルでしたが大満足です

次回帰国の際は、滞在期間によってはリピートも全然ありです

1週間程度であれば、SIMカードを使ってみようと思いますので、その時はまたレポします

皆さんも、滞在が2週間ほどであれば、ぜひこのポケットwifiをレンタルしてはいかがでしょうか?

wifi東京はこちら↓↓



2017-04-27追記

一時帰国の最終日、飛行機の保管検査ギリギリまでしようし、そのままレンタル器具をまとめ、成田第3ターミナルの郵便ポストに投函しました

一時帰国 レンタル wifi おすすめ

上記レンタル器具を入れて封をして、ポストに投函するだけ

翌日に、返却完了のメールが届きました

何も問題なく、レンタルが完了しました

次回も一時帰国が2週間くらいであれば、このポケットwifiをレンタルしようと思います