エポスカードからゴールドへ切替インビテーション(年会費無料)が来た

エポスカード ゴールド

楽天カードからエポスカードに切り替えて、一年も経たずして ゴールド カードへの切り替えの招待状(インビテーション)が届きました!

以前は楽天カードを使っていたのですが、海外でちょっとしたトラブルがあった際、楽天カードのサポートに対してかなり疲弊した経緯もあって、他のカードを探していたんです。

私自身、旅行が好きなので海外旅行の際に保険が自動で付帯され、なおかつ年会費が無料であったエポスカードに魅力を感じたのもあって申し込みをしました。

エポスカード のメリットは旅行好きなら見逃せない! 楽天カードと比較

そんなこんなで、普段使いのクレジットカードとして使っていたのですが、エポスカードを使い始めてから10ヶ月程たった時期に『年会費永年無料でエポスゴールドカードへご招待!』という件名のメールが届いたのです。

私がエポスカードを申し込んだのは2017年4月08日

エポス カード ゴールド 招待 インビテーション

ゴールドのインビテーションが来たのは、2018年2月17日

エポス カード ゴールド 招待 インビテーション

と10ヶ月程の期間でした。

今回の記事では、

  • エポス ゴールドのメリット
  • 招待状を受け取る条件の考察
  • 招待状が来るまでの10ヶ月間に行なった事

について、紹介します。

ぜひ参考にしてみてください

スポンサードリンク

エポス ゴールド のメリット

年会費無料ということもあり、旅行好きにとって通常のエポスカードは持っておいて損はないと私は感じているのですが、ゴールドに切替わった事で、さらに嬉しいメリットがあります。

私は旅行が大好きです。

この歳(30代に突入)になり、これまで旅行といえば『格安(バックパッカー系)』から、徐々にちょっとお金出してでも『非日常』や『ちょっと贅沢』を味わいたいと思うようになりました。

その結果、今まで興味がなかった旅館や温泉宿にもかなり興味が出て来ています。

また、私はセカセカするのが好きではありません。

何事も時間に余裕とゆとりを持って行いたいというのがあります。

だから、もしあなたが私と同じように

  • 旅行に非日常を求める
  • 旅館や温泉が好き
  • 旅行の時は時間に余裕が欲しい

というのであれば、エポスカードのゴールドはメリットに感じるはずです。

ましてや、それが年会費無料で手に入るのはかなり大きく感じます。

例えば、エポスゴールドの特典に『癒し満喫の湯宿』があります。

エポス カード ゴールド メリット

これは、エポスカードのプラチナ・ゴールド保持者限定で利用できるサービスで、全国の湯宿をお得な値段で宿泊できる特典です。

試しにどれくらいお得なのか、『癒し満喫の湯宿』と『じゃらん』で比べてみました

比べたのは箱根にある『箱根強羅温泉 季の湯 雪月花』です。

エポス カード ゴールド メリット

癒し満喫の湯宿

料金は6つに別れていて、お盆や連休などの繁忙期は高くなるようです。

エポス カード ゴールド メリット

試しに、1ヶ月後の8月17日をみてみますと料金Cで、一人当たり29,000円です

ちなみに3名利用で3,000円引き、4名利用で5,000円引きとなります。

電話して確認したところ、この割引は一人あたりとのこと。

つまり、4名で宿泊した場合は一人あたり24,000円とういう事です

エポス カード ゴールド メリット

同じ日の料金をじゃらんで調べてみたところ、一人当たり36,111円でした。

エポス カード ゴールド メリット

ちなみに4人にしたところ、31,481円になり、ほぼ5,000円安くなっていますから、宿泊人数による割引は同じな様です。

エポス カード ゴールド メリット

料金を表にしてまとめてみました。

2人以下宿泊 4人宿泊
癒し満喫の湯宿 29,000 24,000
じゃらん 36,111 31481
差額 -7,111 -7,481

もちろん、この料金差はシーズンによって変更することではあると思いますが、それでもこのように7,000円の違いは大きいかなと思います。

国内の空港ラウンジが使える

私は空港には余裕を持って到着して、出発前にゆっくりしたい派です。

私の知人にはチェックイン締め切り10分前を目安に空港に到着して、『できる限り空港の滞在時間を少なくしたい』!という方がいるのですが、私はどうもそそられません。

なので、空港には余裕たっぷり時間をもって到着して、カフェやレストランでゆっくり食事をして、バーでビールでも飲みながらのんびり飛行機へ搭乗します。

時間ギリギリとか、時間に追われている感覚が苦手なんですよね。。

なおかつ、賑やかな場所よりも、落ち着いた場所が好きなので、空港のラウンジが使えるのは本当にありがたい。

エポスのゴールド保持者であれば、日本国内ほとんどの空港ラウンジが使えます。

上記のメリットに加え、海外旅行保険の補償額も増えます。

海外旅行保険補償額が増える

クレジットカードに付帯する海外旅行保険については、その補償額が少ないという声もあります。

私のおすすめは、自動付帯のクレジットカードを複数持つことで、通常の海外保険並みの補償額に合算できる方法です。

エポスの通常とゴールドの補償額の違いがこちら

保険の種類 通常 ゴールド
傷害死亡・後遺症傷害 最高500万円 最高1000万円
傷害治療費用 200万円 300万円
疾病治療費用 270万円 300万円
賠償責任 2000万円 2,000万円
救援車費用 100万円 100万円
携行品損害 20万円 20万円

複数のクレジットカードによる保険補償額の合算で注意したい点や、私が持っているクレジットカード、そして海外で盲腸になった際にかかる費用などはこちらの記事を参考にしてみてください。

エポスカード のメリットは旅行好きなら見逃せない! 楽天カードと比較

インビテーションを受け取る条件

次の項目で紹介する『私がゴールドへの招待状を受け取るまでの10ヶ月間で行なった事』の根幹となるポイントは、

いかにエポスカードにとって優良なカード保持者と認識してもらえるか?

だと思います。

クレジットカード会社は、私たちがカードで決済をする事で、お店から便利代金として手数料を受け取っています。

例えば1,000円の買い物をした時、現金であればお店に1,000円が入りますが、カード決済の場合はお店に入るのは900円かもしれません。

残りの100円はカード会社に手数料として行くのです。

この手数料はカード会社によって異なります。

厳密には国際ブランド(visa/mastercard/amex)ですが、ここでは割愛します

お店としてはその手数料を払ってでも、『現金を今は持ち合わせていない客層』からも売り上げをあげたいという事になります。

そして、これは私一個人の感覚ですが、年間で50万円以上カードで決済したかどうかが一つの目安かと思います。

エポスのゴールドカードの年会費は5,000円です。

しかし、年間50万円以上使えば、翌年以降は年会費が永年無料になります。

実際、私の利用額をみたときにも、ちょうど50万円くらいのところでインビテーションがきました。

10ヶ月で50万ということは、1ヶ月で5万円の計算ですが、実際は毎月5万円も払っていません。

一括で払える支払い能力も大切ですが、それよりも大切なのは、

  • 信用できる人物
    →滞納しない
  • エポスカードにメリットのある人物
    →利益になる使い方をする

だと感じています。

10ヶ月間の間に行なった事

では、上記の条件を踏まえた上で、ゴールドカードへのインビテーションが届くまでの10ヶ月間に私が行なってきたことを紹介します。

まず、1つ目に『分割払いはカード会社側で行う』事をしました。

高額の買い物をする際、お店側でも

『金利ゼロで、分割払い』

の様な宣伝があります。

私はそういった制度は利用せずに、一括で一度購入し、後から分割やリボ払いに変更します。

そうする事で、分割手数料やリボ払いの手数料がカード会社に行くので、クレヒスを上げることに繋がると考えたからです。

クレヒスとは?

クレヒスとは、クレジットカードヒストリーの略で、自分の信用情報になります。

これはCICという期間で管理されており、自分で確認することができます。

クレヒスの確認方法

つまり滞納を繰り返したりすると、自分のクレヒスに傷がつき、新しくクレジットカードを発行する際に、ネックとなります。

この情報はクレジットカード会社の間で共有されているので、クレジットカードAが使えなった際、クレジットカードBに申し込んでも審査が通らないといった事がおきます。

つまり『ブラックリストにのる』という事です。

しかし、その逆をすれば、つまりクレヒスを上げる行動をとれば、自分の信用情報はどんどん良くなっていきます。

  • 滞納はしない
  • 毎月いくらか使う
  • カード会社に優良顧客と思われる

他のカード会社にとって、『この人は会社の利益につながる人間』と認識してもらえれば、それだけクレジットカードの審査が通りやすくなります。

審査基準に年収や持ち家などもありますが、このクレヒスも大きな役割をします。

年収を上げるには大変ですが、クレヒスは毎月コツコツ使い、きちんと支払いをすれば溜まっていきます。

ちょっと話がそれましたが、分割・リボ払いにする事で、エポス側にとって

『この人にはもっと利用してほしい』

『ゴールドを無料で渡しても利益が出る』

と、思ってもらえることが大切かと思います。

2つ目は、『海外利用』を頻繁にしました。

私のいるオーストラリア、つまりオーストラリアドルという外貨での決済をちょくちょく行なっていました。

もちろん、こっちの銀行のデビットカードを使う事もできますが、あえてエポスカードを使う事で、利用額を増やしました。

利用額が増えることに加え、為替レートでの旨味もカード会社側に行くと感じたからです。

お得な外貨両替方法

私は日本円とオーストラリアドルの両替はTransferwiseというサービスを使っています。

この方法でエポスカードの引き落とし口座に日本円を中値に近いレートで換金して振り込める事を知ってから、日本のクレジットカードを使うのに躊躇しなくなりました。

ちなみに、海外旅行の際にお得なレートで現金を持っていきたい場合は、マネーバンクがおすすめです。

マネーバンク は評判通りだった。外貨両替宅配サービスの口コミ

私は、8・9ヶ月目で大きな買い物を2回しました。

1つは水没したIphone6の買い替えにIphone7(8万ほど)、もう一つは通信口座に10万円です。

そして、その18万を分割払いにし、支払いをし始めた頃に招待状が届いたのです。

その18万円で利用額が50万円を超えるくらいだったかなと感じています。

なので、50万に達しても毎月5万というよりは、2万〜3万くらいでした。

分割払いにして翌月以降に支払いを持ち越しても、カード会社にとっては長期的にはそっちの方が分割手数料まで取れる旨味があります。

私がエポスのゴールドカードを手にした経緯はこのような方法です。

ぜひ参考にしてみてください。

エポスカード公式サイトをチェック