週1のキックボクシングは効果ある?30代後半の男が2ヶ月経過

a man doing kickboxing

週一でキックボクシングを始めたのですが大正解でした。

楽しく運動不足を解消し、汗かいてスッキリしたいなら最高の場だと思います。

なので「キックボクシングを始めようかな」と思っている方の参考になればと思い、私が感じている効果や感想を書きます。

こんにちは、シゲル(@shigemaropress)です。30代後半の私が美味しいグルメと引き締まった身体を両立するために行なっている事をシェアしています。目指すのは-5歳に見られる外見。ブログ記事は実体験をもとに書いています。

このブログでは、私の関心ごとである英語、旅行、グルメ、健康について自身の体験をもとに記事を書いています。

年齢は36歳、格闘技経験はゼロ。

そんな私が週1回のキックボクシングを始めたのですが、正直言って最高すぎたのでシェアしたいと思いブログ記事にしました。

ちなみに私は20代後半まではガリガリ体型。

自宅で筋トレを始めて自分なり理想としている引き締まった細マッチョ体型を手に入れる事ができました。

現在の自宅でする筋トレの頻度は週1〜2回程度でグルメを楽しみつつ右側の体型を維持しています。

目次

週一キックボクシングにどんな効果が期待できる?

私がキックボクシングを始めようと思ったきっかけは

  • 「顔の毛穴」
  • 「顔のむくみ」
  • 「肩こり」
  • 「首こり」
  • 「背中の張り」
  • 「腰回りの不快感」

をなんとかしたい!と思ったのが理由です。

顔の毛穴やむくみに関しては症状のイメージが湧きやすいですが、首と肩に関しては下の図のあたりが張った感じがするようになってきていたのです。

デスクワーク 首こりの場所

特に首のあたりを親指の腹でググっと押すと、顔面の鼻から目にかけて痺れる感じがして「筋膜リリース」してる感が否めない。。

筋膜リリース:筋膜とは筋肉を覆っている膜です。筋膜リリースとは運動不足などで凝り固まってしまった膜を指や器具で押したりして物理的に動かすことでほぐしていく行為なのですが、その際に該当箇所だけでなく膜で繋がっている反対側の筋肉にも痺れるような感覚が生じることがあります。

実はこの首の奥にある筋肉は目を動かすのに使われる筋肉群で「後頭下筋群」と言われる箇所。

つまりパソコン作業やスマホで目をガシガシ動かせば酷使される筋肉なのです。

ここの筋肉は体の奥深くにあるので、鍼治療が効果的と聞き実は試してみたことがあります。

と言うのも、鍼で意図的に傷をつけることで体が治癒目的で血液を患部に送ります。

「傷を治す」という体の自然な反応を利用して血液を送りおむことで血流を改善し、血行不足により生じていたコリをほぐしたりと症状を改善してくれるのです。

確かに施術直後はスッキリしますし、だいたい2週間くらいは効果があったかなぁと感じます。

ただ、やっぱり1ヶ月もすると元に戻ります。

運動不足と長時間のデスクワークが原因で血行不良が起きているので、根本的に治すには定期的に汗をしっかりとかく運動しかない思います。

次に背中の張りです。

仕事をしていると、脊柱起立筋とい言われるここの筋肉に非常に不快感を感じていました。

ここの不快感は筋トレで動かして血流を良くすれば一時的ではありますが治ります。でも週1〜2回の筋トレでは改善が望めず。。

そして仙骨と言われる腰のあたりもなんか気持ち悪い

骨盤の両方にある青線で囲んだ部分も不快感。

まぁ、いろいろ言いましたけど、運動不足で全身あちこちの筋肉が気持ちわるい。

という状況でした。

で、これら全て「汗をたくさんかいて血流をよくすれば改善する」ということ。。。

体型に関しては週2回の自宅トレで満足中。

しかし、この筋トレでは無酸素の短期間で終わるので汗をほとんどかきません。。。

軽く汗ばむ程度。。

でもって、仕事は一日中デスクに座って行うタイプ。

以前、オーストラリアに住んでいた時は南国地域だったのもあり、生きているだけで毎日汗をかいていましたし、仕事は体をを動かす仕事。

それが消え、気がつけば汗をかくのはお風呂に入っている時くらい。

そんな生活をしていると、顔のむくみは慢性化するし、肩や首が次第にこってくるようになりました。

イカンイカンと思いつつも仕事中についつい首をポキポキ鳴らしてしまったりしていたのですが、ある時首を鳴らした瞬間、いつもとは違うビリビリっとした感覚に襲われました。。

「このままじゃ体がどんどん良くない方へ進んでいく・・」

と危機感を覚えたのに加え、いつまでも変わらない自分に嫌気がさし、何かガッツリと汗をかくことができる運動をすることを決意!

週一のキックボクシングを選んだ理由

とはいえ、ランニングやジョギングは好きになれず。。

ホットヨガも考えたけど、なんか違う。

社会人スポーツ系は、チームプレーは学生時代に懲り懲りなので却下。

そこで白羽の矢が立ったのが格闘技。

キックボクシングなら

  • ラフな格好でOK
  • 熱血すぎないジムもある
  • 裸足でできる
  • ミスでチームに
  • ガッツリ汗かけるらしい

という情報をネットで拾ったので、近所のキックボクシングジムに体験で行きました。

キックボクシング体験をした結果

体験メニューは1時間半のコース。

まず手始めに先生と一緒にシャドーボクシングを行いました。

このシャドーボクシングがすごくいいウォームアップになるんです。

すごく良いというのは「楽しい」という意味です。

学校の体育の授業でウォームアップとして行なっている準備体操はつまらない。

自宅で筋トレする時にするウォームアップもなんかつまらない。

それに比べたらシャドーボクシングはすごく楽しいのです。

あっという間に体が温まり、動きやすくなります。

中学校の部活の時はウォームアップの効果とかわからなかったけど、30過ぎたあたりから違いを顕著に感じるようになりました。。。

そこからはグローブをはめてミットを売ったり、サンドバッグを蹴ったりと、割とずーと動いていました。

殴る蹴るというと「日頃のストレスを〜」と思うかもしれませんが、私の場合は意外とそうした感覚よりも、無心で打ち込んで「とにかく楽しい」でした。

これはジムの雰囲気や方針と自分の志向がマッチしていたからかもしれません。

楽しいのですが、同時に「ヤバい・・しんどい・・」というくらい追い込まれました。

最後の方は蹴ろうとしても脚が上がらないくらいまで。。。

ジムには3分ごとにアラームがなる時計?が常にオンになっているのですが、3分が長く感じますし終わった時には床に倒れ込みました。。。

息が上がり過ぎて、喉が若干痛いレベルまでゼーハーゼーハー言うレベル。。

喉が痛くなるまで運動したのは中学の部活以来です。。

一番の目的である汗をガッツリとかきましたし、むくみが一気に消えてフェイスラインはスッキリするし、腫れぼったかった目もスッキリし若干二重チックになるわ、肩こり、首こりも消えスッキリ、運動後の爽快感がしばらく尾をひくかんじです。。

あっという間にキックボクシングの虜になりました。

週一でキックボクシングを始めて2ヶ月経過した結果と感想

週にたった1回のキックボクシングですが、始めてよかったと心から思います。

その理由は

  • 首こり・肩こりが9割改善された
  • 顔のむくみが以前ほど気にならなくなった
  • ご飯がより美味しく感じるようになった
  • 帰りの銭湯からの就寝が至高

の4つです。

週一キックボクシングの効果1 – 首こり・肩こりが9割改善された

これは割と実感するのですが、首をポキポキ鳴らすことがほぼ無くなりました。

全くのゼロになったわけではないのですが、目に見えて首を回したりする回数が減っています。

また、先にあげた

  • 背中
  • お尻周り

の不調も95%なくなっています。

週にたった1回のキックボクシングでここまで身体の不調が改善されたので大満足です。

しかも、楽しみながら不調が改善されるからもう病みつき状態。

週一キックボクシングの効果2 – 顔のむくみが以前ほど気にならなくなった

むくみに関しても症状が軽くなった気がします。

実際にトレーニング?を行った後は目に見えて顔つきが変わります。

むくみがとれて顔はシュッとするし、フェイスラインはスッキリ、目は腫れぼったい感じが消え、時々二重チックになります(デフォルトでは私は一重)

週一キックボクシングの効果3 – ご飯がより美味しく感じるようになった

ご飯が美味しく感じられるのが素晴らしい。

ガッツリ運動して動かした後に、新鮮な野菜やお肉、お刺身を口にすると本当に美味しい。

お菓子とか食べたいと思わなくなるので、栄養価のある食べ物を摂取するので、より身体に活力がみなぎります。

週一キックボクシングの効果4 – 帰りの銭湯からの就寝が至高

週に一回がっつりと汗をかいたあと、近所の銭湯によって汗を流して帰ります。

この銭湯で水風呂に入ったりして、さっぱりした後に床についてぐっすり寝られる。

深い睡眠なので、翌朝も早朝にシャキーンと目がさめて快適な1日がスタートできる。

ちなにみ私がキックボクシング用に買ったのはグローブレガース(脛当て)のみで、5000円もかかっていません。

服装に至っては、昔から持ってるシャツと海水パンツ笑

月会費は1万もしないに、これだけの効果を得られて大満足です。

気になってるなら一度体験してみるといいと思いますよ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次