「時間稼ぎ」は英語で何?漫画とアニメから例文を紹介

「時間稼ぎ」って言葉、使用頻度はそこまで多くないけど、とっさの一言的な感じで覚えておくといいと思います。

この記事では2通りの言い方を紹介します。

  • “buy time”
  • “stall”
この2つです。

どのようにして使うのかちょっと例文を見てみましょう。

スポンサードリンク

まずは”buy time”の方から。

こちらは、私が今はまっているマンガの中で出てきました。

話の流れでは、「強敵を引きつけている間に、自分の役割を果たして頂戴」って内容の台詞です。

“won’t be able to”(できそうにない)といった意味ですね
→will notで未来予測の否定とbe able to (能力)を組み合わせてます

さらに、この場合の”time”は不可算名詞なので、”many”ではなく、”much”を使って「多くの時間」と表現しています。

  • I won’t be able to buy much time
    →(あんま時間稼げそうにないや)
と訳はこうなります。

"will"と"be going to" の違い? 絵本で学ぶ助動詞の使い方!【洋書04】

2016.10.18

次は”stall”です。

こちらは”South Park”というアニメで使っていました。
画像引用元:Giphy.com South Park Seaon 9 episode 9 “Marjorine”

話の流れでは、ビルの縁に立っている子(Butters)が、ビルの下にいるオーディエンスに向かって飛び降りを示唆しているのです。オーディエンスはもちろん止めるように叫んでいます。

その間に後ろの子達が、せっせとButtersの替わりにビルから落とす豚を用意しています。

そこで、替え玉の豚が完成するまでの間、”Just keep stalling”と言っているのです。

これも日本語に訳すと「いいから、そのまま時間稼いでろ」って感じですよね。

このアニメは口語で使うイディオムが沢山学べるのでおすすめです。

では、この2つの違いは何だろうと思ったのでちょっと調べてみました。

“Buy time” はそのまま時間を手に入れるという感覚ですよね。

“stall”の意味を調べてみると、ちょっとネガティブな意味合いが含まれますね。

  • (言い訳・ごまかしなどして)引き延ばす
  • 時間などを (言い訳・ごまかしなどして) かせぐ,言い逃れする
といった若干悪意のニュアンスが含まれているようですね。

この説明なら、上記2つの例に当てはめてもすんなり納得できます。

参考にしてみてください